要らない服を売るときは売却法を事前に把握しておこう

売るのは服によって判断

女の人

服を売る方法はいくつもある

簡単に服を売る方法としては買取専門店舗へ行き、査定をしてもらって服を売る方が早く売却可能です。他にもお祭りのように行なわれるフリーマケットで売ることや、ネットオークションで出品をして売る方法があります。

自分に合った売却法を探そう

服を買取する方法は店舗や宅配買取、ネットオークションやフリーマーケットの4つの方法があります。それらの方法で売却が可能ですが、買取までの流れが違うためその中で自分に合うサービスを利用して売却しましょう。ネットで手続きをすることもできます。

ブランド服を売るならブランド買取専門店

普通の買取専門店ではブランド服をはじめとしてノーブランド服を買取対象としていることが多いです。服のブランドはたくさんありますが、お店によって対象となるものや対象外となるブランドがあります。ブランド服の買取をするならブランド買取を専門とするお店にしましょう。

綺麗な状態で出すようにしよう

洋服を雑に扱ってしまうと汚れやシミがついてしまうので、今後買取してもらう予定の服は綺麗に扱うようにしてください。1つ汚れがついてしまうだけでも査定額を大幅に下げるキッカケとなります。クリーニングに出して綺麗にするのも良いですが、クリーニング代の方が買取額よりも高くなることもあるので注意しましょう。

着る服と着ない服を見極めておこう

1年以上着ていない服がある

シーズンをまたいでも着用しない服があるなら、今後着用することが少ないといえるでしょう。着ないけど勿体ないと感じているなら、その服を最後に着たのはいつなのかを思い出してください。1年や2年以上着ていないなら買取してもらう方が良いでしょう。

メンテナンスをせずシミがついた

一度洋服にシミがつくと洗濯をしてもなかなか汚れが落ちなくなってしまいます。また更に放置をすると変色が進んで服の見た目がかなり悪くなってしまうでしょう。よっぽどお気に入りの服なら気づいた時点でクリーニングに出すのが良いですが、もう着たくないと考えているなら思い切って買取に出すのが良い選択です。

ごくたまに着用することがある

頻繁に着るというわけではありませんが、たまに着用をする服もあるはずです。そうした服は念のため取っておいた方が良いでしょう。もしかしたらまた次も着用する機会があるかもしれません。もう1年様子を見て着るようなら残しておくようにしましょう。

身体が太って服のサイズが合わない

太ってしまうと今まで着用していた服が入らなくなってしまいます。服を入るようにするためにはダイエットをしなければなりません。服が入らない悩みはダイエットをすることで改善できますが、ダイエットする気がないときは服を残さず売却しましょう。

年齢的に着づらくなった服

ピンクや明るい黄色系などの目立った服を着用すると若く見えますが、そのような服は年齢に応じて着用するようにしてください。年齢に合う服なら違和感もなく人目を気にせず着用することができるでしょう。一度着ないと決めたら買取してください。